読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キラキラリ

日々のことやアニメや漫画、乙女小説など感想、声優さんやアニメイベント感想など。またiPadで絵を描いたイラストをアップしていきます⭐️

日々のことやアニメや漫画、ゲーム、BL、乙女小説など感想や想いについて語ります( ̄^ ̄)ゞ重度のオタク。それで持って腐女子。 また、イラストやオトナの塗り絵の状況もアップします。

黒子のバスケ LAST GAME 映画感想後編ネタバレあり。

どうもです〜!キララです〜( ̄^ ̄)ゞ




旦那様も一緒に巻き込みwwようやく観てきました(*^o^*)
「劇場版 黒子のバスケ LAST GAME」
f:id:kirarakun26:20170401205647j:image
今回は映画の感想になります。ネタバレ注意でございます💖
まとまりないです。観たままに書くです。
⬇︎
⬇︎
⬇︎
⬇︎
脈絡なく語ります。。よろしくお願いします。
長いです。感想後編です!!!

 

【第1クオーター編】

 

最初のスターティングメンバーはキセキの世代の5人ですね。アメリカチームは彼らを舐めているので技術の高さの驚いてましたね〜(*´∀`*)

最初は青峰が魅せるんですよ!赤司からのパスでいきなり豪快なダンクですよ!

私、青峰さんの大ファンですので、この人カッコ良すぎ!最初から大興奮ですよ!

第1クオーターは攻撃の波に乗り、以外にもリードしたまま終了。

まだまだどちらのチームも底が見えない感じで、ドキドキですよ!

でも、キセキの世代チームでも疲労はハンパない感じで心配っす。

 

【第2クオーター】

アメリカチームのボスキャラの一人。シルバーが本領発揮です。

シルバーは青峰さんばりの俊敏性、紫原ばりのパワー、火神ばりのジャンプ力など物凄い身体能力を持ち合わせていて、超強敵です。圧倒的なプレイで点数も逆転してしまうんです。

ここで赤司と緑間は交代。ついに黒子と火神の投入です。

とにかくここは青峰、火神のコンビですよ!!!ライバル関係でいつも張り合ってる2人がシルバーを止めるためにディフェンス協力するんです。

火神・青峰ラインへ黒子のパスが投げられたりこの辺は青火黒好きとしてはたまりませんよっ!!!

紫原も一人でナッシュを止めるのは難しいので火神と協力してた気がします。この辺は第2か3クオーターどっちか忘れてしまいました。すみません。

前半はほぼ互角の展開で折り返します。点差も詰めてたし。ナッシュやシルバーはまだ底が見えない感じ。

 

 【第3クオーター】

ここからアメリカチームの反撃の開始ですよ!ナッシュが本領発揮ですよ!牙を剥く感じ。

パスが通るようになりいつの間にか点差が。シルバーも野生も発揮してやばい感じ。

まず、シルバーを止めるために青峰と黄瀬ダブルチームで止めるんです。青峰もゾーン使い、黄瀬はパーフェクトコピーで応戦。この辺はたまりませんよっ!!!

でも、シルバーをダブルチームで対応したことで一人フリーになり、点差はなかなか縮まらず。

ここからは黄瀬くんの見せ場ですよっ!!!

シルバーを一人で止める役割を引き受けるんです。体力の限界までプレイする姿は凄くカッコ良すぎ。

黄瀬はパーフェクトコピーとゾーンのミックスで、コート上で最強に強い存在に。

これで大分点差が詰まるんです。体力の限界の黄瀬は無念の交代。素晴らしいかったです〜。

回想で笠松さんとの電話シーンは良かったですね〜

 

赤司対ナッシュ。赤司は自分の力だけではナッシュには敵わないと思い、もう一人の赤司に手を借りるんですよ。天帝の眼をもつもう一人の赤司。みんなを呼びかけが彼は名前呼びなんでドキドキですよ。

ここから緑間と赤司のコンビプレイが凄いんです。高尾ちゃんが嫉妬しちゃう程。

スリーでドンドン点が縮んでくんです。流石、帝光時代の主将と副主将のコンビですよ。

 

【第4クォーター】

赤司対シルバー。紫原は本気を出すとき髪縛るんですよね。回想で岡村さんとのディフェンス指導を思い出したり。この辺は成長が見えますね。自分よりパワーも技術も高いプレイヤーに出会い初めて自分の力を全て出せる相手。でもシルバーのラフプレイで紫原は怪我にて退場。

紫原も本気で悔しい表情。ここで黒子投入。このプレイは黒子はかなり切れてますね。台詞も凄みがありました。でも黒子が入るとプレイが変化があり、黒子自身もシュート決めたり、凄い成長ですね〜

ナッシュは追い詰めらるんですがまだ奥の手があったんです。赤司と同様の眼。魔王の眼。

選手全ての未来がわかる。もちろんテクニックも凄いんです。

なかなか4点差が縮まらないまま終盤へ。火神と青峰は約2分半はゾーンモードに。

赤司はもう一人の自分に決着つけて新たな天帝の眼に。プレイも互角なかんじ。

4点差が残り1分もない時に赤司が緑間に完璧にパス、そしてスリー。この辺の流れは流石ですよね。

点差が1点差が時間も残り僅か。パス回しで勝利にこだわるナッシュ。たしか黒子がスティールしてボール奪いそれを青峰、火神にパス。シルバーが立ちはだかる。2人でダンク決めて決着。

本当に息つく暇もない怒涛の試合展開でした。各キャラの見せ場も魅せてましたしね。

少し、火神のバスケでの見せ場は少ない感じの印象でした。

 

【試合後】

みんなと打ち合げ。楽しい雰囲気。その後火神がみんなにアメリカの高校に行くことになったことを報告。キセキの世代は最後に火神たち誠凛と試合をする粋な計らい。

みんなで空港に火神を見送るんです。みんなに将来はNBAプレイヤーになることを宣言したり。

でも、ふと黒子との出会いを思い出し不安になる火神。黒子に自分の不安やここまでの感謝を涙を流しながら伝えるんです。火神はプレイより、こちらの方での見せ場を最後に持ってきたんです。ずるい。

二人は永遠に光と影の最高のコンビですね〜。感動ですね〜。

その後キセキの世代たちも見送るんですが、青峰は自分が何で選ばれないんだと不満そう。

自分も直ぐ火神の元へ(青火的には)、ではなくNBAプレイヤーになる宣言してましたね。

アメリカでの青峰と火神の対決見たいですね〜。

 

この映画でキセキの世代と黒子と火神を含めたドリームチームが結成され、アメリカチームをチームワークで倒す姿やプレイ中それぞれのキャラたちの成長が見えて面白かったです。青峰さんのゾーン以外にも黄瀬とのダブルチームや火神とのコンビプレイとか最高ですね〜!!!

また、見たいですね〜。本当に面白かったです。

黒子のバスケ、最高です。

 

 

今回はここまで。

長文ですみません。スッキリしました。

ブログ読んで頂き、ありがとうございます😊