キラキラリ

日々のことやアニメや漫画、乙女小説など感想、声優さんやアニメイベント感想など。またiPadで絵を描いたイラストをアップしていきます⭐️

日々のことやアニメや漫画、ゲーム、BL、乙女小説など感想や想いについて語ります( ̄^ ̄)ゞ重度のオタク。それで持って腐女子。 また、イラストやオトナの塗り絵の状況もアップします。

感動した!きゅんとしたBL小説

どうもです〜!キララです〜!

私は乙女小説以外もBL小説も読んでいます。

BL=ボーイズラブです。男子同士の恋愛ですね。ニガテな方はスルーです。

今回はBLだけど感動した本の感想になります☺️?

Fly me to the Moon (幻冬舎ルチル文庫) 文庫 – 2009/3/17
雪代 鞠絵 (著), テクノ サマタ (イラスト)





⭐️あらすじ⭐️
満月の夜、天涯孤独の悠がエリート弁護士・浅羽に無理矢理さらわれるようにして始まったカンケイ──。見惚れるほど格好良い浅羽は、毎週一回おいしいご飯を食べさせてくれる。つらさも寂しさも一人で耐えてきた悠は、強引だけど優しい浅羽を好きになってしまって…! でも、なぜ浅羽は自分なんかに構ってくれるんだろう? せめて恩返しをしたくて、悠はある行動に出るが!? ギュッと切なくて、トロトロに甘い恋 大量書き下ろし!




⭐️感想⭐️
悠は天涯孤独の身の上。そして、小さな幸せは、ポケットの小さなお菓子。このあらすじと設定でヤバイなと思い手を取りました。そんなとき出逢った弁護士の浅羽。完璧でまるで足長おじさんのようなヒーローですね。浅羽と出逢い、ポケットのお菓子がいらなくなった悠。そんな彼に週に一度一緒に食事をする二人。けれど弁護士さんにもう会わないほうがいいと言われて…。
悠は切り詰めた生活の中で、自分の大好きなお菓子を精一杯の気持ちを込めて浅羽さんの弁護士事務所のドアにそっと人知れずおいていくシーンには読みながらボロボロ泣きました?
短編でのエピソードで、浅羽にまたお菓子に頼っていたのを知られてしまった場面で、「泣いてる子どもに甘いものを与えてなだめるのは嫌なのだ」というラストの方の浅羽さんのセリフにはっとさせられます。彼の目には甘いお菓子を幸せそうにポケットにいつもつめている主人公の姿は孤独に泣いてる子どもに見えたんだなぁと…。
誰かがいつかの心の奥の孤独を見つけてくれたなら…そう思わずにいられない作品です。
?悠が健気で可愛いし、教会のシーンとかホントに良い子でそれでいて強さがあるそんな姿に泣けます。
短編二編、「fly me to the Moon」と「Ombra ma fu」が収録されていますが、どちらもきゅんと切なくなるシーンが散らばっています✨✨

浅羽しか心の糧がなくて、浅羽のためなら何でもしてあげようと健気な姿や、その浅羽とすれ違ってしまいお菓子を食べ続け て自分を慰める姿。どちらも懸命に生きる悠がただただ健気です。可愛いし、すごく萌えますね?BL版のシンデレラストーリーですね〜


何回も繰り返し読んでいますが、久しぶりに読んでも切なさにきゅんとして今でも泣いちゃいます?
私の中の大好きなBL小説の一冊の一つで、出逢えて良かった本です??

ブログ読んで頂き、ありがとうございますm(__)m

こちらにも参加しています。クリックして頂けると、励みになりますm(__)m

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

にほんブログ村 アニメブログへ

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ

にほんブログ村 アニメブログへ